• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

美術めぐり
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > 美術めぐり
ARTTRANSIT厳選!楽しくじっくり作品を鑑賞する月1イベント。

やっぱりアートは本物を鑑賞したいというのが、アートファンの本音です。

ART TRANSITが、アートナビゲーターと厳選した美術館やギャラリーや関連施設に赴き、実際に美術・アート作品を鑑賞してみましょう!
そんなイベントがこの美術めぐりです。

アートファン同士の会話も弾み、時に作家や学芸員のお話やガイドのお話に耳を傾けながら作品と向き合う、そんな時間です。

自分ではなかなか行かない施設・展覧会や、自分ではなかなか理解が難しい展覧会内容を、簡単なレクチャーを聞いた後で鑑賞すると、その楽しさが何倍にも膨れ上がります。そんな楽しさを味わいたい方には、是非一度参加してみて欲しいプログラムです。

基本的には月に1度、土曜日の午前中に訪問していきます。

※お陰さまで2017年は、146名の方にご参加いただき、そのうちの3人に1人は、リピートして下さりました♪

 

■美術めぐり ガイド■中村 宏美(アートナビゲーター)

<プロフィール>

1982年帝人()入社、1988()中村デザインスタジオ設立。2008年美術検定1級に合格し、アートナビゲーターとして活動を始める。現在、美術Academy&Schoolの講師。国立西洋美術館の解説ボランティアや繊研新聞のアートコラムも担当。 

会員(ご参加の皆さま)の声

●美術めぐりの開催時間や頻度はいかがでしたか?
---開催頻度と時間はちょうど良かったと思います。鑑賞の時間は自由に見学できるので楽に参加できました。
---月に1度の土曜日の午前中というのが、とても参加しやすかったです。午後の時間も有意義に使えました。
---美術めぐりの中でお話ができた参加者の方と終わってからランチしたり、新しい楽しみが増えました。

●美術めぐりの解説や配布資料などはいかがでしたか?
---解説のバランスはちょうど良かったです。
---いつも作ってくださる資料は周辺知識まで幅広く含まれてとてもクオリティが高く毎回保存しています。
---事前知識をいただいたことでとても鑑賞の深さが違い楽しかったです。
---一人で出かけたとしたら絶対にそこには気づけなかったという着眼点に出会えたりするので、参加する楽しみになっています。
---解説のお話がとても楽しいので、その後作品を見ると、作品に対して親近感がわいてとても楽しいです。

●美術めぐりはいかがでしたか?
---とにかく、楽しかったです。
---絵画以外のジャンルも、いろいろとお話を聞いてみてみたいです。
---自分では選ばないようなところに行けるので、展覧会鑑賞の幅が広がりました。
---常設展示は侮れないことがよくわかりました。今後も美術館の常設展示の鑑賞の機会を作ってください。
---皆さんと鑑賞できることが楽しかったです。
---午前中にこの会で鑑賞した後、参加した皆さんとランチする機会があればうれしいです。
---夜間拝観などのチャンスにたまには夜などでもやって欲しいです。

※2013〜2018年にご参加の皆さまのアンケートをまとめました。
年間スケジュール
2019年1月19日 渋谷区立松涛美術館
「終わりの向こうへ:廃墟の美術史」展
2019年7月27日 国立新美術館
「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」 展
2019年2月16日 森アーツセンターギャラリー
「新北斎」展
2019年8月24日 東京芸術大学大学美術館
「円山応挙から近代京都画壇へ」展
2019年3月16日 国立西洋美術館
「ル・コルビュジェ」展
2019年9月28日 横浜美術館
「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち 」展
2019年4月20日 東京国立博物館
「東寺ー空海と仏像曼荼羅」展
2019年10月19日 パナソニック汐留美術館
「ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 」展
2019年5月18日 国立新美術館
「ウィーン・モダン」展
2019年11月16日 国立西洋美術館
「ハプスブルグ」展
2019年6月15日 国立西洋美術館
「松方コレクション」展
2019年12月14日 国立新美術館
「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年 」展

※施設の都合上、訪問施設は変更になる可能性もございます。

次回の美術めぐり

2019年12月14日(土)国立新美術館 「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年 」展


ハンガリーの首都ブダペスト。ヨーロッパの東に位置するこの国の美術とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクションであるルネサンスから20世紀初期までの名画たちが展示される貴重な機会です。

25年ぶりとなるこちらのコレクション展ということで、改めて130点にのぼる名画たちを楽しみに鑑賞したいと思います。
日程 2019年12月14日(土)10時〜12時 
集合 9時50分 国立新美術館 正面入口付近  ※入場券は各自ご準備ください。
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2000円
一般(メール会員・非会員):2500円
お申し込みはこちら
先月の美術めぐり

2019年11月16日(土) 国立西洋美術館 「ハプスブルグ」展

11月の美術めぐりは、気持ちよい晴天に恵まれました。
国立西洋美術館で開催中のハプスブルグ展を鑑賞しました。

ハプスブルグと言ったら、西洋絵画がお好きだったり、ちょっと学んだりした方は耳にしたことがある一族の名前ですが、世界史でも出てくるこの王家と美術、一体どんな関係があるんだろう?というところにも関心が行ってしまいますね。
過去の美術めぐり一覧を見る
PAGETOP