• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

いろいろイベント
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > いろいろイベント

ART TRANSITでは、定期的なイベントだけではなく「これは是非皆さんと一緒に楽しみたい!」というイベントを厳選して不定期に開催しております。

さまざまな角度から「アートの楽しみかた」をお届けできるよう、色々な企画を考えていきたいと思います。

 

会員さまからのアイデアも随時募集中です。

「こんなイベントをやって欲しい」「こんなイベントをやってみたい!」というものがありましたら、是非事務局までお寄せくださいませ♪

2018年7月7日(土) 吉原・裏浅草アート散歩〜吉原文化と樋口一葉『たけくらべ』の世界





<当日のコース>
吾妻橋(浅草駅)→待乳山聖天→今戸神社→休憩→
吉原(外周)→一葉記念館→千束稲荷神社(三ノ輪駅側)解散
※当日の天候等でコースが変更する場合があります。

江戸の花街、吉原。
「吉原を語れない奴は江戸を語るな」
という言葉があるほど、江戸の文化において重要な位置を占める吉原文化。

遊女たちの過酷な人生も事実としてありますが、一方で、吉原は当時の最先端の流行発信基地であり、絵師や戯作者など文化人たちの集まるサロンの役割も担っていました。また、吉原の遊女たちの姿は浮世絵の題材として好まれ、多くの名作が生まれました。その影響は海外にまで及んでいます。

明治の文豪・樋口一葉の小説『たけくらべ』は、吉原周辺に住む子供たちを描いた物語です。近代日本画の巨匠・鏑木清方は、遊女になる運命を背負った『たけくらべ』の主人公・美登利を美人画として描くなど、一葉作品から強い影響を受けました。

当時の人々が吉原に向かった王道のルートを辿って、現在に残る当時の面影を探し、一葉記念館で一葉が暮らした明治期の吉原界隈についても垣間見ることができるアート散歩。

七夕の日に縁結びのパワースポットである今戸神社などに寄り道しつつ、昨今の裏浅草をゆるりと楽しみましょう。 日本美術と切っても切り離せない花街・吉原の文化に親しみ、アート鑑賞の楽しみを広げてみませんか。

※企画・当日のご案内 橘高あや(アートエバンジェリスト)
日程 2018年7月7日(土) 10時〜13時 
集合 9時50分 吾妻橋たもと(最寄り:東京メトロ銀座線浅草駅4番出口)
参加費 アートナビ会員:2000円/トランジット会員:2000円/一般(非会員):2500円
※一葉記念館入場料 300円が別途(各自)必要となります。  
※ご希望の方は、御朱印初穂料等の実費分をご準備ください。  
※当日の天候によっては、飲み物等ご準備ください。
<申し込み締め切り日>2018年7月4日(水) 満席となりました! 
前回のいろいろイベント

2018年4月7日(土) 花嵐吹く「馬込文士村アート散歩」

ご参加の方が、レポートを上げてくださいました!
ぜひ、こちらからご覧くださいませ。

 

 

今回、案内役を務めた春山さんのレポートもございます!

ぜひ、こちらからご覧くださいませ。

過去のいろいろイベント一覧を見る
PAGETOP