• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

ART LABO
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > ART LABO
ARTを探求しつづける仲間たちの場

アートナビゲーターたちの研究・研鑽の場として2013 年からスタートしているART LABO。

2016年からは、さらに幅を広げ、「いろいろな角度から、自分なりにアートを突き詰めてみたい」という皆様にもご参加いただけるよう、みんなの「アート研究会」への場へと発展しました。

 

より豊かな鑑賞力やさまざまな視点・新しいアートの世界への探究心などを育むため、自主的に決定したテーマに沿ってそれぞれがさらに掘り下げたり、旬なアートの現場に出かけてさまざまなお話を聞いたりするフィールドワークや、ゲストをお呼びしていろいろなお話を聞く、1ヶ月に1度の勉強会となっています。

 

アートナビゲーターとは、美術検定1級取得者の称号で、美術に関する知識は豊富に有しているということがひとつの前提条件となっています。ですので、深いアートな世界を目指したい人たちにはオススメの勉強・研究会となっています。

また、アートナビゲーター(美術検定1級取得)を目指されている方にとっても、先輩方のお話を聞く機会になったり、試験の練習となる場にもなりますよ♪

 

ART TRANSITの会員さまは、アートナビゲーターではなくても参加は可能です。※詳細は会員案内をご覧ください。

自分だけでは見つけることが難しい新しいアートへの視点を見つけたい人、お待ちしております!

 

2014年は、鑑賞者のための鑑賞者による展覧会テイスティングと言うものを考えていきました。展覧会をどんな風に「味わった」のか?その記録を残していくことで、自分の興味の再発見にもなり、また同じ鑑賞者に向けてその「味わい」を伝えていける、そんなものをめざし、独自のテイスティングシートを作成、会員の皆さまだけにお届けするブログと言う形で発信しております。

 

2015年は、現代美術を学ぶ。をテーマに、自分たちが「現代美術」を語れるよう、さまざまな勉強会を開催しました。フィールドワークを実施したことにより、より新しい視点・発見・楽しみが増え、「現代美術」という言葉のイメージが持っているわかりにくさのようなものが、各々で払拭できる何かをつかめたような気がしました。

 

2016年は、工芸をテーマに、美術館からギャラリーまでいろいろなフィールドワークを行い、鑑賞物としての工芸品、身近に使える工芸品、その幅の広さを体感することができました。

 

2017年は、「アジア・アフリカの近現代美術」ということで、夏に開催される横浜トリエンナーレも視野に入れ、様々な方向から1年かけて見つめていく予定となっています。

 

【2017年 ARTLABO ファシリテーター】

山内舞子

1979年生まれ。京都大学大学院文学研究科美学美術史学専修修士課程、国立西洋美術館インターンシッププログラム(教育普及)修了。美術館学芸員として50本以上の展覧会の企画・教育普及にたずさわり、現在はフリーランスのキュレーターとして活動。展覧会企画、美術評論のほか教育機関等で美術史の講座を担当。

年間スケジュール
2017年1月14日 新春!2016年のアワード決定!
「2016年・よかった展覧会!!」
2017年7月1日  
2017年2月4日 フィールドワーク 2017年8月5日  
2017年3月4日 レクチャー 2017年9月2日  
2017年4月1日   2017年10月7日  
2017年5月13日   2017年11月4日  
2017年6月3日   2017年12月2日 2017年まとめ

※内容は変更になる場合があります。

会員(ご参加の皆さま)の声

●ART LABOの開催頻度はいかがでしたか?
---開催頻度はちょうど良いですが時間はちょうどよかったです。
---1ヶ月1回、2時間くらいのペースが集中力が続いて良いと思います。

●2016年のお題「工芸を学ぶ」について
---いい企画でした。フィールドワークが特によかったです。
---一人で観るのとは大きく違い、色々なお話が聞けるのでわからなかったことが理解できたりしてよいです。

●2017年のお題について  
---なかなかひとりでは行けないところ、選ばないようなところをメンバーと行ってみたいです。
---アジア・アフリカの近現代美術を見つめる機会は、ARTLABOのような場じゃないとなかなかできないので
 楽しみです。

●ART LABOについて期待すること
---フィールドークは定期的にやってほしいです。もっと回数があってもよいかも?
---誰かから学ぶという形ではなく、自分たちでいろいろ模索できる感じがいいですね。
---自分なりのアートとの接し方・付き合い方を模索している人にもっと参加してもらいたいです。

●ARTLABOはいかがでしたか?
---楽しかったし有意義でしたので、今後も続けて行きたいです。
---いろいろなアイデアをもっと膨らまして行きたいですね。
---色々な情報をシェアできるのも、とても有意義です。

※2016年にご参加の皆さまのアンケートをまとめました。
募集中のARTLABO

2017年3月4日(土) レクチャー:アジア・アフリカ美術の現代美術のキホン

アジアとアフリカの現代美術を学ぶにあたり、その基本的な知識学びます。
また、現地での美術教育事情等もご紹介します。
日程 2017年3月4日(土) 10時〜12時
集合 9時50分 四谷ビジネスラウンジ
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2,000円 ※入館料別途
一般の方は「聴講生」として、2,500円でご参加いただけます。
お申し込みはこちら
過去のARTLABO

2017年2月4日(土) フィールドワーク「多摩美術大学美術館」


2月最初の土曜日の朝10時、雲一つない冬の晴天の下、ART LABOのメンバーは2017年最初のフィールドワークに向かうため小田急多摩センター駅に集合しました。

目的先は多摩美術大学美術館で開催中の『生誕100年記念 染色家 岡村吉右衛門 ―祈りの徴(しる)し―』展。

この展覧会がどうして今年のART LABOのテーマ「アジア・アフリカの近現代アートを知る」とつながるのか?疑問が解けないまサンリオピューロランドのすぐそばにある美術館にうかがいました。  

 

 館内では1・2階の展示室に染色研究家(実技染色と論考)で民芸運動家でもある岡村吉右衛門(おかむらきちえもん;1916年〜2002年)の「型染め版画」作品258点が関連資料とともにびっしりと並んでいました。

一見して芹沢_介の影響が見て取れる「文字絵」、アイヌの霊的習俗に取材して制作された「蝦夷絵」、そして、青・黄・緑・白・黒の太い縦ストライプを背景に星座の輪郭が点描で象(かたちど)られた連作《十二星座》(1996年)と、岡村吉右衛門の初期から晩年までの創作活動の全体像を知ることができる展示内容でした。

過去のART LABO一覧を見る
PAGETOP