• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

ART LABO
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > ART LABO
ARTを探求しつづける仲間たちの場

アートナビゲーターたちの研究・研鑽の場として2013 年からスタートしているART LABO。

2016年からは、さらに幅を広げ、「いろいろな角度から、自分なりにアートを突き詰めてみたい」という皆様にもご参加いただけるよう、みんなの「アート研究会」への場へと発展しました。

 

より豊かな鑑賞力やさまざまな視点・新しいアートの世界への探究心などを育むため、自主的に決定したテーマに沿ってそれぞれがさらに掘り下げたり、旬なアートの現場に出かけてさまざまなお話を聞いたりするフィールドワークや、ゲストをお呼びしていろいろなお話を聞く、1ヶ月に1度の勉強会となっています。
誰かから教わるのではなく、ご自身や仲間たちとより深いアートな世界を目指したい人たちにはオススメの勉強・研究会となっています。

 

※アートナビゲーターとは、美術検定1級取得者の称号で、美術に関する知識は豊富に有している証となっています。ですので、深いアートな世界を目指したい人たちにはオススメの勉強・研究会となっています。


ART TRANSITの会員さまは、アートナビゲーターではなくても参加は可能です。※詳細は会員案内をご覧ください。

自分だけでは見つけることが難しい新しいアートへの視点を見つけたい人、お待ちしております!

 

2014年は、鑑賞者のための鑑賞者による展覧会テイスティングと言うものを考えていきました。展覧会をどんな風に「味わった」のか?その記録を残していくことで、自分の興味の再発見にもなり、また同じ鑑賞者に向けてその「味わい」を伝えていける、そんなものをめざし、独自のテイスティングシートを作成、会員の皆さまだけにお届けするブログと言う形で発信しております。

 

2015年は、現代美術を学ぶ。をテーマに、自分たちが「現代美術」を語れるよう、さまざまな勉強会を開催しました。フィールドワークを実施したことにより、より新しい視点・発見・楽しみが増え、「現代美術」という言葉のイメージが持っているわかりにくさのようなものが、各々で払拭できる何かをつかめたような気がしました。

 

2016年は、工芸をテーマに、美術館からギャラリーまでいろいろなフィールドワークを行い、鑑賞物としての工芸品、身近に使える工芸品、その幅の広さを体感することができました。

 

2017年は、「アジア・アフリカの近現代美術」ということで、アフリカのアートの現場で活躍されている方や研究者、モスク、美術展に訪れ、さまざまなこのエリアのアートを観ました。いろいろな作品の面白さを体感することができました。

 

2018年は、「明治時代 再検証」、明治時代がスタートして150年という2018年。美術の世界では、何が変わったのか?をあたらためて、皆さんと検証する1年となりました。たったの45年とはいえ、社会的にも美術的にも激動な時代だったことや、西洋と日本の美術の在り方の中で揺れ動いた美術の世界だったということが見えました。

 

2019年は、「1960年代〜1980年代の美術を探る」をテーマに、最初の東京オリンピックから高度経済成長期に入った日本、公立美術館の多くもこの時代に設立されました。アジアでは、戦争や宗主国からの独立が相次ぎ、西欧でもベトナム戦争や米ソ冷戦などさまざまな社会動向があった時代です。その中で美術はどのような役割を担い表現をしてきたのか?アートの世界にも、多様な作品が続々と誕生した複雑で元気のある時代出会ったことが見えてきました。

 

2020年は、「彫刻・立体作品」をテーマに、パブリックアートや近現代の彫刻・立体作品など、さまざまなフィールドワークを通じて、目を養ってきました。また個人テーマでは、さまざまな角度からの視点に平面とはまた異なる鑑賞の在り方を見出すことができたように感じました。

 

2021年のテーマは「写真・映像作品」となります。

いわゆる、絵画や彫刻などのジャンルからすると「後発」のジャンルとなりますが、現代作品では欠かせないジャンルとなっています。しかし、いまだにどのように受け止めていけばよいのか?つかみづらいジャンルでもあります。2021年はこのテーマをベースにさまざまな探求をしていきます。

 

【2021年 ARTLABO ファシリテーター】

山内舞子

1979年生まれ。京都大学大学院文学研究科美学美術史学専修修士課程、国立西洋美術館インターンシッププログラム(教育普及)修了。美術館学芸員として50本以上の展覧会の企画・教育普及にたずさわり、現在はフリーランスのキュレーターとして活動。展覧会企画、美術評論のほか教育機関等で美術史の講座を担当。

年間スケジュール
2021年1月9日 新春!2020年のアワード決定!
「2020年・よかった展覧会!!」
2020年7月3日 フィールドワーク
「中野周辺の写真の展覧会を見てみよう」
2021年2月6日 レクチャー「写真・映像」+今後のスケジュールについて 2020年8月7日  
2021年3月6日 フィールドワーク
「写真の展覧会を見てみよう」
2020年9月4日  
2020年4月3日 フィールドワーク
「東京都写真美術館図書室&ギャラリー」見学
2020年10月2日  
2020年5月8日 レクチャー
「さまざまな映像表現をみんなで見てみよう!」
2020年11月6日
2020年6月5日 フィールドワーク
「写真ギャラリー見学」
2020年12月4日 2021年総まとめ&2022年テーマ決め

※内容は変更になる場合があります。

会員(ご参加の皆さま)の声

●ART LABOの開催頻度はいかがでしたか?
---開催頻度はちょうど良いですが時間はちょうどよかったです。
---1ヶ月1回、2時間くらいのペースが集中力が続いて良いと思います。

●2020年のお題「彫刻・立体作品」について
---フィールドワークが充実していました。ひとりでは行けないようなところに行けたのも良かったです。
---個人テーマを設け、それぞれのリサーチの結果が集約されてくると見えてくるものがあることに気づけたのは
 良かったですが、まとめたり調べたりするのは、なかなか大変でした。
---新型コロナウイルスによる自粛などで、一時はどうなることかと思いましたが、なんとか着地できてよかった
 です。
---新型コロナウイルスの影響で、色々な生活に変化が起きた中で、ART LABOでの時間に救われました。

●2021年のお題について「写真・映像作品」
---いつかは向き合ってみたいと思っていたジャンルではあるので、楽しみです。
---写真・映像作品となると、なかなか広いジャンルになりそうなので、今から楽しみです。

●ART LABOについて期待すること
---フィールドワークは定期的にやってほしいです。もっと回数があってもよいかも?
---自分たちでいろいろ主体的に動けるようになるともっといいですね。
---1年1テーマで美術を観る面白さを共有できるので、たくさんの仲間が入ってほしいです。

●ARTLABOはいかがでしたか?
---参加できない月もありますが、今後も続けて行きたいです。
---ART LABOらしいテーマ、ART LABOじゃなければできないことをもっとやっていきたいです。
---自分だけではなく、メンバーの考えなども共有できるので、面白い気づきがあったりします。
---自分で関心が向かなかったことにも新しい発見があり、アートや美術の奥深さを感じます。

※2017・2018年・2019年・2020年にご参加の皆さまの声をまとめました。
募集中のARTLABO

2021年8月7日(土)ディスカッション:個人テーマの中間発表&今後のスケジュール

8月のART LABOは、本年テーマにおける個人テーマの中間発表ということで、皆さまと共にディスカッション形式で行いたいと思います。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、基本的には「オンライン」にて開催いたします。

日程 2021年8月7日(土) 10時〜12時
集合 9時55分 当日までにお知らせしたzoomアドレス上からご参加ください。 
会場 教室でのご参加希望の方は、9時50分までに「四谷ビジネスラウンジ」に
お越しくださいませ。
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2,000円 
一般・メール会員の方は「聴講生」として、2,500円で初回のみご参加いただけます。
過去のARTLABO

2021年7月3日(土)フィールドワーク「「中野周辺の写真ギャラリー施設訪問」」


7月のアートラボは中野区にある“写大ギャラリー”と“ギャラリー冬青”の二ヶ所を訪問しました。
最初は中野坂上にある“写大ギャラリー”を訪問しました。ここは東京工芸大学の一角にあるギャラリーです。
東京工芸大学は旧名を東京写真大学といい、写真技術を専門とする大学でした。現在は写真学科、映像学科、アニメーション学科などの7学科が設置された芸術学部と、工学系と建築学系の設置された工学部の2学部で構成されています。
9月4日(土)まで、同大コレクションによる「写真の中の東京は、」という展覧会が開催されています。

展示室は二つに分かれていて、コロナ対策のため各部屋は定員5人ということで、分散しながらの鑑賞となりました。展示は1930年代の土門拳の作品から始まり、年代ごとに、戦後の木村伊兵衛、田沼武能、安保・オリンピックの中谷吉隆、70年代の須田一政、安達洋次郎、街そのものを被写体とした築地仁、ミニチュアのように世界を捉える本城直季、そして森山大道の各氏の作品と続いています。
戦前の活気の感じられる人々の表情や、空襲、復興、オリンピックを経て変貌してゆく街並み、そこに暮らす市井の人々の様子などからは東京という街の変化や多様性が浮かび上り、またモノクロ作品と本城直季氏以降のカラー作品との変化や被写体の捉え方など、作家それぞれの相違も面白く、見ごたえのある内容となっています。
PAGETOP