• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

ART LABO
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > ART LABO
ARTを探求しつづける仲間たちの場

アートナビゲーターたちの研究・研鑽の場として2013 年からスタートしているART LABO。

2016年からは、さらに幅を広げ、「いろいろな角度から、自分なりにアートを突き詰めてみたい」という皆様にもご参加いただけるよう、みんなの「アート研究会」への場へと発展しました。

 

より豊かな鑑賞力やさまざまな視点・新しいアートの世界への探究心などを育むため、自主的に決定したテーマに沿ってそれぞれがさらに掘り下げたり、旬なアートの現場に出かけてさまざまなお話を聞いたりするフィールドワークや、ゲストをお呼びしていろいろなお話を聞く、1ヶ月に1度の勉強会となっています。

 

アートナビゲーターとは、美術検定1級取得者の称号で、美術に関する知識は豊富に有しているということがひとつの前提条件となっています。ですので、深いアートな世界を目指したい人たちにはオススメの勉強・研究会となっています。

また、アートナビゲーター(美術検定1級取得)を目指されている方にとっても、先輩方のお話を聞く機会になったり、試験の練習となる場にもなりますよ♪

 

ART TRANSITの会員さまは、アートナビゲーターではなくても参加は可能です。※詳細は会員案内をご覧ください。

自分だけでは見つけることが難しい新しいアートへの視点を見つけたい人、お待ちしております!

 

2014年は、鑑賞者のための鑑賞者による展覧会テイスティングと言うものを考えていきました。展覧会をどんな風に「味わった」のか?その記録を残していくことで、自分の興味の再発見にもなり、また同じ鑑賞者に向けてその「味わい」を伝えていける、そんなものをめざし、独自のテイスティングシートを作成、会員の皆さまだけにお届けするブログと言う形で発信しております。

 

2015年は、現代美術を学ぶ。をテーマに、自分たちが「現代美術」を語れるよう、さまざまな勉強会を開催しました。フィールドワークを実施したことにより、より新しい視点・発見・楽しみが増え、「現代美術」という言葉のイメージが持っているわかりにくさのようなものが、各々で払拭できる何かをつかめたような気がしました。

 

2016年は、工芸をテーマに、美術館からギャラリーまでいろいろなフィールドワークを行い、鑑賞物としての工芸品、身近に使える工芸品、その幅の広さを体感することができました。

 

2017年は、「アジア・アフリカの近現代美術」ということで、アフリカのアートの現場で活躍されている方や研究者、モスク、美術展に訪れ、さまざまなこのエリアのアートを観ました。いろいろな作品の面白さを体感することができました。

 

2018年は、「明治時代 再検証」、明治時代がスタートして150年という2018年。美術の世界では、何が変わったのか?をあたらためて、皆さんと検証する1年となりました。たったの45年とはいえ、社会的にも美術的にも激動な時代だったことや、西洋と日本の美術の在り方の中で揺れ動いた美術の世界だったということが見えました。

 

2019年は、「1960年代〜1980年代の美術を探る」をテーマに、最初の東京オリンピックから高度経済成長期に入った日本、公立美術館の多くもこの時代に設立されました。アジアでは、戦争や宗主国からの独立が相次ぎ、西欧でもベトナム戦争や米ソ冷戦などさまざまな社会動向があった時代です。その中で美術はどのような役割を担い表現をしてきたのか?皆さまと探っていく1年となります!!

 

【2019年 ARTLABO ファシリテーター】

山内舞子

1979年生まれ。京都大学大学院文学研究科美学美術史学専修修士課程、国立西洋美術館インターンシッププログラム(教育普及)修了。美術館学芸員として50本以上の展覧会の企画・教育普及にたずさわり、現在はフリーランスのキュレーターとして活動。展覧会企画、美術評論のほか教育機関等で美術史の講座を担当。

年間スケジュール
2019年1月12日 新春!2018年のアワード決定!
「2018年・よかった展覧会!!」
2019年7月6日 フィールドワーク
「高島屋史料館+α」
2019年2月2日 2019年の計画づくり 2019年8月3日 ディスカッション
「中間発表!」
2019年3月2日 フィールドワーク
「昭和後期の現代美術―1964〜1989―」  横浜市民ギャラリー
2019年9月7日 フィールドワーク
「日々是アート」 展
三鷹市美術ギャラリー
2019年4月6日 フィールドワーク
「百年の編み手たち−流動する日本の近現代美術−」東京都現代美術館
2019年10月5日 フィールドワーク
「DECODE/出来事と記録−ポスト工業化社会の美術 」展
埼玉県立近代美術館
2019年5月11日 レクチャー&ディスカッション
「本年の個人的テーマを発表!」
2019年11月2日 レクチャー「テーマ仮まとめ」
2019年6月1日 フィールドワーク
「関内アートスポットめぐり」
2019年12月7日 2019年総まとめ&2020年テーマ決め

※内容は変更になる場合があります。

会員(ご参加の皆さま)の声

●ART LABOの開催頻度はいかがでしたか?
---開催頻度はちょうど良いですが時間はちょうどよかったです。
---1ヶ月1回、2時間くらいのペースが集中力が続いて良いと思います。

●2018年のお題「明治時代再検証」について
---フィールドワークが充実していました。ひとつのテーマでいろいろな展覧会を見る楽しみを知りました。
---個人テーマを設け、それぞれのリサーチの結果が集約されてくると見えてくるものがあることに気づけたのは
 良かった。ただ、それをきっかけに更なる疑問も生まれ、自分の中で終われないような気もします。
---明治時代の美術の面白さに気づけた気がします。ただ美術というジャンルだけでは切り取れず、社会環境や法律 
 など、別な要素もしっかりと理解していかなければ、美術の本質はなかなか見えてこないのかもしれないと思い 
 ました。
●2019年のお題について  
---平成時代が終わるこのタイミング、来年の東京オリンピックを前に、今の時代のちょっと前の動向を整理すると 
 いうのは、なかなか面白いテーマだと思う。
---日本も高度経済成長期だが、世界を見渡しても相当色々なことが起こった30年だから、1年でうまく探求できる 
 かが一番の気がかりだが、何かうまくきっかけがつかめたらよいかな?と思う。

●ART LABOについて期待すること
---フィールドークは定期的にやってほしいです。もっと回数があってもよいかも?
---自分たちでいろいろ主体的に動けるようになるともっといいですね。
---1年1テーマで美術を観る面白さを共有できるので、たくさんの仲間が入ってほしいです。

●ARTLABOはいかがでしたか?
---参加できない月もありますが、今後も続けて行きたいです。
---ART LABOらしいテーマ、ART LABOじゃなければできないことをもっとやっていきたいです。
---自分だけではなく、メンバーの考えなども共有できるので、面白い気づきがあったりします。

※2017・2018年にご参加の皆さまの声をまとめました。
募集中のARTLABO

2019年12月7日(土)2019年のまとめ&2020年のテーマ決定!

本年のテーマ「1960年代〜1980年代の美術を探る」。
12月は、1年のテーマを締めくくるべく、個人テーマの発表およびまとめを行います。

また、2020年ART LABOのテーマを決めていきます。

※2020年からのARTLABOにご興味がある方は、ぜひこの回に体験参加されてみてはいかがでしょうか??
日程 2019年12月7日(土) 10時〜12時
集合 9時50分 四谷ビジネスラウンジ
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2,000円 ※入館料別途
一般の方は「聴講生」として、2,500円でご参加いただけます。
お申し込みはこちら
過去のARTLABO

2019年11月2日(土)レクチャー「2019年個人テーマの仮まとめ」


今回は、今年度のテーマについて、各自取組の中間報告会をいたしました。  

◎ [絵画の復権]
『ZEIT GEIST(ツアイト ガイスト)展』(1982年)の内容(時代精神)を作家毎に詳細が報告されました。    ドイツ(ヨーロッパ)からの独自のART世界の見え方はUSA中心の観方とは異なる様相で、1970`sの不毛から1980`sの新表現主義などの多義性は出展作家の多面性にも現れているのでは??

◎[1960年代から1980年代のアート]     
『ART SINCE 図鑑1900年以降の芸術』
(東京書籍 2019)の論文より、アートの変遷を考察してみました。
ロザリンド・クラウス「ポスト構造主義と脱構築」      
ハル・フォスター「1984――ポストモダニズムをめぐる論争――ふたつの相反する立場―」      
1968年 自立的モダニズムの疑問から、表象は現実の模倣から現実の構築へ、脱構築が始まってゆき、     
1984年 新保守主義P.M.とポスト構造主義P.M. 
2種類のポストモダニズムとなっていったようです。     
社会への反発からの表現や、環境・大衆文化での多義性を持つ美術表現が拡大していったよう。  

 ◎[EXPO‘70]     
1970年の万国博覧会で建設された、お祭り広場のシンボル《太陽の塔》(岡本太郎)。
2018年に耐震化を伴う改修が完了し公開されるようになりました。。   
修復後の《生命の樹》の様子や外部の《三つの顔》(未来、現在、過去)等を動画にて説明していただきました。    
過去のART LABO一覧を見る
PAGETOP