• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

ギャラリー巡り
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > ギャラリー巡り

知っているとちょっと自慢できる?!

 

 ふらっと入り「にくい」ギャラリー・首都圏版

 

「ギャラリーには興味があるけど、なかなか気軽に訪問できなくて…」と思っていらっしゃるみなさま、

むしろ「立地や外観など、初心者にとっては様々な理由でハードルが少しだけ高い」ギャラリーから、

その訪問を始めてみませんか?

 

年間数百ものギャラリーを訪問している案内人が、知る人ぞ知る、

そして「知っているとちょっと自慢できる」首都圏の個性派ギャラリーをご案内します。

 

毎回、案内人が厳選するギャラリーとルート設定で楽しく訪問してみましょう。 

 

2022年は、2月から11月の毎月第1土曜日、16時〜18時

実施いたします! ※8月は酷暑のため除く

 

ギャラリーでアート作品を観る、感じる、考えることを続けていくことで、アートに出会える場所に気軽に入れるようになって行きましょう!
美術館での作品鑑賞とは異なる、新しい鑑賞体験は、自分のアートの世界を必ず広げてくれることでしょう。


※ご参加の際には、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力下さい。
※緊急事態宣言等の発令等で、開催が中止・または延期となる場合もございます。予めご了承下さい。

 

<案内人>

山内舞子(キュレーター、美術評論家)

 

プロフィール: 1979 年埼玉県生まれ。京都大学大学院文学研究科美学美術史学専修修士課程修了。神奈川県立近代美術館等の勤務を経て、現在はフリーランスで国内外の現代美術、工芸、および美術教育に関する執筆・企画・講演などを行う。女子美術大学・千葉商科大学非常勤講師。近年の書籍監修に『教養として知っておきたい名画BEST100』(永岡書店、2021年)。 (2021年11月現在)  

年間スケジュール
2022年1月 ーーー 2022年7月2日 六本木エリア
2022年2月5日 日本橋エリア 2022年8月 ーーー
2022年3月5日 世田谷エリア 2022年9月3日 神楽坂エリア
2022年4月2日 両国エリア 2022年10月1日 新宿エリア
2013年5月7日 小平エリア 2022年11月5日 天王洲エリア
2022年6月4日 西麻布エリア 2022年12月3日 ーーー
※見学エリアは、変更となる場合があります。
次回のギャラリー巡り

2022年9月3日(土)神楽坂エリア「神楽坂の隠れ家的ギャラリー」など

ギャラリーという施設は、さまざまな形態・運営の方式があります。

今回は、
「神楽坂にある隠れ家的ギャラリー」など
を訪問いたします。


そこで扱う作品はどんなものなのでしょうか?
ギャラリーの在り方、そして新しい作家・作品との出会いも楽しみです。
日程 2022年9月3日(土) 16時〜18時
集合 東京メトロ東西線 神楽坂駅  集合
※詳細場所は、当日案内メールに記載いたします。
参加費 アートラボ会員:2200円/トランジット会員:2200円/
メール会員・一般(非会員):2800円
お申し込みはこちら
募集中のギャラリー巡り

2022年10月1日(土)

新宿エリア

絶壁階段を上った先にある小箱のようなギャラリー」など

集合:世界堂 新宿本店 入口前集合

参加費:アートラボ会員:2200円/トランジット会員:2200円/
    メール会員・一般(非会員):2800円

詳細はこちら

2022年11月5日(土)

天王洲エリア
「臨海部の元倉庫の建物内にある
 京都のギャラリーのアネックス」など
 

集合:りんかい線 天王洲アイル駅 集合

参加費:アートラボ会員:2200円/トランジット会員:2200円/
    メール会員・一般(非会員):2800円

詳細はこちら
先月のギャラリー巡り

2022年7月2日(土)六本木エリア「マンションの一室にあるギャラリー」など

2022年よりスタートした「ふらっと入りにくいギャラリー」訪問シリーズ。
6回目は、六本木エリアに点在する3つのスペースに訪問いたしました。  

国立新美術館、サントリー美術館、森美術館があり、六本木アートトライアングルとも名付けられて久しいこのエリア。アートに敏感な人が集まりやすいエリアということで実はギャラリーもたくさんあり、ここ最近も続々とオープンしています。
 
まずは、国立新美術館の正面入り口の隣、赤いレンガのビルの中にある「605」にお邪魔いたしました。こちらはマンションの一室であるスペースに行くまでの間に看板等のヒントがほとんどなく、今回の訪問先の中では最も「ふらっと入りにくいギャラリー」といえます。
過去のギャラリー巡り一覧を見る
PAGETOP