• トップ
  • 会員案内
  • サークル概要
  • 認定講師制度
  • 資料請求

イベント案内

募集中の美術めぐり
ART TRANSIT TOP > イベント案内 > レギュラーイベント > 美術めぐり > 募集中の美術めぐり

2019年6月15日(土) 国立西洋美術館「松方コレクション」展


松方コレクションをご存知でしょうか?
実業家の松方幸次郎がコレクションをした美術品たちのことをそう呼びますが、そのコレクションを展示するために作られた美術館が今回の会場となる国立西洋美術館だと言われています。

彼のコレクションは、時代の荒波に翻弄され、今はいろいろなところに所蔵されています。

国立西洋美術館の設立60周年を記念したこの展覧会で改めて松方幸次郎が蒐集した作品たちをみてみましょう!
日程 2019年6月15日(土)10時〜12時 
集合 9時50分 国立西洋美術館 正面入口付近  ※入場券は各自ご準備ください。
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2000円
一般(メール会員・非会員):2500円
お申し込みはこちら

2019年7月27日(土)国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」展

現代美術を代表するアーティストの一人「クリスチャン・ボルタンスキー」。彼の50年にわたる活動を振り返る過去最大規模の回顧展となります。

さまざまな芸術祭の会場で、彼の作品と出会った方も多いのではないでしょうか?

「空間のアーティスト」と自身を呼んでいる、彼の展示空間を皆様と楽しみたいと思います。
日程 2019年7月27日(土)10時〜12時 
集合 9時50分 国立新美術館 正面入り口付近にて
※入場券は各自ご準備ください。
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2000円
一般(メール会員・非会員):2500円
お申し込みはこちら

2019年8月24日(土) 東京芸術大学大学美術館 「円山応挙から近代京都画壇へ」展


京都の画家、円山応挙は、写生画を主として一世を風靡し「円山派」を確立しました。そして、応挙や与謝蕪村に学んだ呉春も「四条派」を興し、この「円山・四条派」はのちの京都の画壇の主流派となっていきます。

さまざまな流派があった京都画壇のうち、この「円山・四条派」の画家たちに焦点を当て、近世から近代へと引き継がれてきた系譜をたどる内容となっています。

日本絵画の真髄を皆様と堪能したいと思います。
日程 2019年8月24日(土)10時〜12時 
集合 9時50分 東京芸術大学大学美術館 正面入り口付近 
※入場券は各自ご準備ください。
参加費 アートナビ会員:無料/トランジット会員:2000円
一般(メール会員・非会員):2500円
お申し込みはこちら
PAGETOP